無料期間は30日間それ以外のサービス概要

ご存じNTTドコモが提供する動画配信サービス、それがdTVです。もともとはdocomoユーザー向けのサービスでしたが、現在はdocomo利用者以外も契約することができるようになりました。

 

なんといっても、豊富なラインナップとコストパフォーマンスの高さが魅力。今、最も人気のあるサービスのひとつなんです。

 

dTV

月額料金

500円(税抜)

 

無料期間

31日間

 

作品数

12万作品

 

 

dTVのここがオススメ!

 

  • 約120,000本!豊富なコンテンツ
  • 月額500円!業界屈指の低料金
  • 自分好みにカスタマイズ!「ザッピングUI」が便利
  • 移動中も安心!動画のDL視聴が可能
  • 大画面で見たい!簡単操作の「dTVターミナル」でテレビでも視聴OK

 

dTVってどんなサービスなの?

 

誰でも利用できるように!

 

dTVは、もともとdocomoユーザーだけが利用できるサービスでした。しかし、2014年4月からはdocomo以外のユーザーでも、契約・利用ができるように。契約・利用するためには、「docomo ID」の取得(無料)が必要です。

 

スマートフォンやPCのみならず、タブレットやテレビと対応機器が幅広いのも特徴。自分の好みやライフスタイルに応じて、利用できる選択肢が多いのは嬉しいですね。

 

注意点として、コンテンツを見るにあたり、あらかじめ利用機器の登録が必要なことが挙げられます。利用機器は1アカウントにつき、最大で5台まで登録することができます。ご家族一人ひとりの機器を登録するもよし、PCやスマートフォンとテレビを登録するもよし、使い方はさまざまです。

 

充実のコンテンツ量!

 

dTVの数ある魅力の一つに、「作品数の多さ」があります。配信されているコンテンツは、なんと約120,000本!MV・カラオケ動画なども合わせての数字ですが、それでもすごい量ですよね。どちらかというとdTVは、少し前の名作(レンタルショップなどでの、いわゆる旧作)が充実している印象です。有名で人気だけどまだ見たことがないという作品がもしあれば、一見の価値アリ。全部制覇することだってできちゃいます。

 

ジャンルは、映画・アニメに韓流ドラマも充実。また、avexグループが運営している「BeeTV」のコンテンツもたくさん取り扱いがあるので、avexに所属しているアーティストのMVやライブ映像なども視聴可能です。

 

ひとつ注意点として、dTVは「dアニメストア」とは別のサービスです。

 

dTVでもアニメの取り扱いはありますが、割とメジャーな作品に絞ったラインナップとなっています。一方でdアニメストアは、さすがにアニメ専門の配信サービスなので、有名どころから隠れた名作まで守備範囲が広いです。なので、アニメ中心にコアなものまで網羅したいという人はdアニメストア。映画やドラマも楽しみながら、たまにはアニメも見たい、という人はdTVを利用するのがオススメです。

 

スマホアプリがリニューアル!

 

サービスの前身であるdビデオから、dTVとしてリニューアルするにあたり、スマートフォンのアプリも大幅にバージョンアップしました。

 

一番の変化は「ザッピングUI」というインターフェースを採用したことです。ザッピングとは、テレビなどで次々チャンネルを変えて、見たい番組を探すことをいいます。

 

dTVでは、コンテンツの概要動画が一覧で並んでいて、それをスクロールしていくと、その概要動画が自動で再生されていきます。まるで本当にチャンネルを切り替えているような感覚で作品が探せちゃうんです。

 

ほとんどのサービスでは、コンテンツの内容は文章や写真からしか判断できません。それをdTVでは動画で紹介してくれるので、内容がわかりやすく、より直感的に見たいコンテンツを選ぶことができます。

 

ザッピングリストのジャンルは、洋画・邦画やドラマ・アニメなど、自由に切り替えできます。また、過去の視聴履歴などをもとに「あなたへのおすすめ」を自動で作成してくれる機能も。この機能は、利用するたびに、より自分の好みに合ったコンテンツが表示されやすくなります。視聴すればするほど、好みのコンテンツを探す手間なくスムーズにみられるのは、嬉しいですね。

 

また、リストの動画を自動的再生させたくない場合は、アプリの設定で選べます。設定も、常に自動再生・Wi-fi接続時のみ自動再生・自動再生しない、の3つから選べるので、外出先でのバッテリーや通信量も安心です。

 

このザッピングUI、リスト動画の音声再生はアプリインストール時にはOFFになっています。もし音声を再生したい場合は、画面下のスピーカーアイオンを押せば再生できます。

 

驚きの月額500円!

 

利用料金はなんと500円。月額料金の中ではトップクラスの安さを誇ります。

 

基本見放題ですが、一部の最新作などは「レンタル」することで視聴可能になります。レンタル作品については、個別に課金するか「dポイント」を使うことですぐに見ることができます。

 

支払い方法については、docomoユーザーであれば毎月の利用料金とあわせての請求になります。それ以外のユーザーの場合は、クレジットカード払いのみになるので、支払い方法の選択肢では他のサービスに劣ります。ですが、クレジットカード払いが可能であれば、それを補って余りあるコストパフォーマンスを備えていることは間違いないです。

 

DL視聴が可能!

 

dTVは、スマートフォンやタブレットにコンテンツをDLして見ることができます。あらかじめ自宅のWi-fiでDLしておけば、外出先でもストレスなく高画質で作品を楽しめます。移動中の視聴などには便利ですね。

 

また、画質も4種類から選べます。普通・きれい・すごくきれい・HDの中から選べるので、通信環境や利用機器に合わせて利用できますね。

 

「dTVターミナル」を使えば、dTVがテレビでも見られる!

 

dTV専用端末の「dTVターミナル」をテレビに接続すれば、大画面での視聴も可能に。

 

端末のみで動作するので、他の機器等での余計な作業は不要。リモコンも付属しているため、これ一つで操作が完結し、使いやすいのが良いところです。

 

また、dTVの他にdアニメストアにも対応しています。ゆくゆくは音楽配信サービスの「dヒッツ」などにも対応予定だそう。

 

ただしdTVターミナルにはいくつかマイナスポイントもあります。

 

まず、定価が6,980円。これは今一番汎用性の高いデバイスである、ChromeCastよりも高額です。またChromeCastは複数のアプリやサービスに対応していますが、dTVターミナルはドコモ系列のサービス以外ほとんど非対応です。このため、他の動画配信サービスやアプリも利用したいユーザーにとっては、ChromeCast等と比較すると手が出にくいかも。

 

逆にいえば、ドコモ系サービスにのみ対応しているという点では、機能も操作も非常にわかりやすくシンプルです。なので、ドコモ系列のサービスしか利用しないユーザーや、機械が苦手な人にとっては、使いやすいかもしれません。

 

4Kでコンテンツが見られる!

 

2015年11月から、4Kでの配信が始まりました。まだ4K配信は一部の作品のみなのと、対応機器も限定されてはいます。ですが、徐々に対応を進めていき、将来的にはすべてのコンテンツ・機器への対応が期待されている。

 

dTVの総評

 

docomoユーザーの多くは、dTVを携帯電話やスマートフォンの契約時に、割引条件の一つとして契約することが多いはず。ほとんどのオプション契約は、すぐに解約する場合がほとんどのようですが、その中でもこのdTVだけは解約せずに利用している人が多いそう。

 

利用し続けている理由としては、やはり豊富なラインナップや、料金の安さが大きいでしょう。また特にdocomoユーザーにとっては、利用料金でdポイントが貯まり、そのポイントをレンタルに利用できるので、その辺りの利便性も大いにあります。

 

まさに、docomoユーザーにとっては最強の動画配信サービスです。

 

ただし、新しく導入された「ザッピングUI」については意見が分かているのも事実。個々の作品の内容がわかりやすくなったものの、「動作が重くなった」「動画を探しづらくなった」との声も確かにあります。これについては、システムがスタートしてからまだ日が浅いので、時間が経ってユーザーの利用が進めば、違ってくるかもしれません。
月額料金では業界最安クラス、さらにはdocomo以外のユーザーでも利用が可能になったとあって、利用者数を着々と伸ばしているdTV。今後のさらなる成長も期待され、動画配信サービスの要注目株です。

 

dTV

月額料金

500円(税抜)

 

無料期間

31日間

 

作品数

12万作品

 

huluなどの無料お試し

最近話題のオンライン動画配信サービス・h...
huluには2週間の無料視聴期間がありま...
ご存じNTTドコモが提供する動画配信サー...